自宅でできるケア方法

肉割れ線を予防する方法も、できてしまった肉割れ線を改善する方法も「保湿とマッサージ」が重要です。肉割れ線の予防・改善においてはしっかり保湿をして「肌を乾燥させないこと」と、マッサージによって「肌を柔らかくしなやかな状態を保つこと」がキーポイントとなります。エステサロンなどで施術を受けると効果的ですが、ここでは自宅で簡単にできるケア方法をご紹介します。

自宅で肉割れ線ケアをする場合、ボディクリームまたはボディオイルを使用します。他にも保湿効果に優れた肉割れ線専用のクリームなども効果的です。どのボディケアアイテムを使用するかは個人の自由で、自分の肌質に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

実際にケアをする場合、ベストタイミングはお風呂上りです。お風呂上りは肌が温まって柔らかくなっており、クリームやオイルの成分が浸透しやすいタイミングです。またマッサージすることで肌に柔らかさとしなやかさを出すことができます。まず手のひらにクリームまたはオイルを適量取り、肉割れ線が気になる部分に優しく伸ばします。全体に伸ばしたら優しく円を描くようにマッサージしながら肌に馴染ませます。マッサージが完了したら成分が染み込むように手のひらをあてます。この方法を2~3ヶ月続けると効果的ですが、起床時に肌が乾燥している場合は朝にも保湿とマッサージを行いましょう。

予防&改善ケア方法

一度できてしまうとなかなか改善できないとされる肉割れ線ですが、保湿効果の高いボディケア商品などを数ヶ月使用することで元通りとはいかなくても目立たない程度まで改善することができます。ここでは肉割れ線を予防・改善するケア方法についてご紹介します。

予防するうえで重要となるのが「マッサージ」です。肉割れ線は急激な皮下脂肪の増加に表皮が追いつかず、真皮層のコラーゲン繊維が裂けることでできます。そのためマッサージを行って皮膚を柔らかくすることで裂けにくいしなやかな皮膚を保つことができ、肉割れ線を予防することができます。実際にマッサージを行う場合は保湿クリームやオイルを使用するとより効果的です。

実際に肉割れ線ができてしまった場合、「専用クリーム」の使用がおススメです。「ストレッチマーククリーム」と呼ばれる肉割れ線や妊娠線の改善効果が期待できるボディケア商品があります。こういった商品を数ヶ月間継続使用することで高い改善効果が期待できますが、一般的なボディクリームと比べると高額な商品が多いです。

予防ケアやクリームが効かなかった場合の最終手段として、「レーザー治療」があります。専門クリニックでレーザー治療を行った場合、短時間では10分程で完了し効果も抜群ということから近年注目されている方法でもあります。

肉割れ線のメカニズム

女性にとってツルツルすべすべボディは永遠の憧れです。しかし急激な体重増加や過激なダイエットによって気がついたら肉割れ線ができていた!という方も多くいらっしゃいます。肌の露出が少ない冬場は気にならないかもしれませんが、春先から夏にかけて露出が増えてくる時期になって焦っても手遅れです。また肉割れ線は一度できてしまうと改善が難しいとされており、できてしまう前に予防することが重要です。

そもそも何故肉割れ線ができるのかというと、急激な体重や身長の増加により皮下脂肪の量が急増すると、体の急激な成長に対し体表面の皮膚が追いつかず、ぐいぐい引っ張られてしまいます。そうすると皮膚の真皮層のコラーゲン繊維が裂け、肌表面にひび割れが起きます。これが肉割れ線です。

これまで肉割れ線は改善が難しいとされ諦めていた方が多くいらっしゃいますが、完全に元通りとはいかなくても目立たない位まで改善することができるボディケア商品が販売されています。クリームタイプやオイルタイプ、ローションタイプなどがありますが、どのタイプも「保湿」が重要なポイントとなっています。肉割れ線を改善するには肌の深層から保湿を行い、肌サイクルを促して健康的な肌づくりの環境を整えることが改善へと繋がります。ただしたった1日で効果が現れるものではなく、効果が早い場合でも1ヶ月、すくなくとも2~3ヶ月程毎日ケアをする必要があります。そのため露出が少ない冬場こそケアに最適なシーズンといえるでしょう。

当サイトでは肉割れ線改善に効果的なケアの種類や自宅で簡単にできるケア方法について別頁で紹介しています。ぜひツルすべ美肌を手に入れる参考にしてみて下さい。